HRナビ的:今週見るべき3本の記事 2014年4月7日

HRナビがお送りする、エンジニアが読むべき今週気になったニュースを、超高性能なAIを使うことなく、手動で3記事だけ独断で選ぶその名も「HRナビ的:今週見るべき3本の記事」へようこそ。さっそく今週の3本はこちら!

伝説の編集者が蘇らせる古のパソコンを見た(PC Watch)

pcwatch

 これはあのビル・ゲイツがBASICを移植し、マイクロソフトを作るきっかけとなったと言われるマシン「Altair 8800」(1974年登場)の互換機を作ろうというもの。インテルの8080をCPUとして搭載した、8ビットのPC。

 普通の人なら「何をいまさら8ビット?」と思うかもしれません。でも、エンジニアだったらこの意味が分かりますよね。いまやPCのプログラミングは高級言語しかなく、昔ながらのアセンブラや機械語を書く人はほとんどいなくなりました。でも、アセンブラや機械語の考え方は本当に重要。私もC言語のポインタは機械語を習ってはじめて理解できました。

 現代はもうコンピューターの基本的な動作を学ぶことが難しくなってきましたが、その機会をいまに復活させる試み。非常に熱い記事でした。

ThinkPad X240を買った話(tmytのらくがき)

tmyt

 個人的にもちょっと気になった記事。もともとはIBMのパーソナルコンピューターブランドだった「ThinkPad」。レノボへ売却されてかなりたちますが、堅牢、メンテナンス性の高さ、サポートのよさで知られ、ファンも多かったThinkPadがいまこのようなことになっているとは……。

[速報]米マイクロソフト「ユニバーサルWindows apps」発表。1つの実行ファイルがWindows/Windowsタブレット/Windows Phoneで動作。将来的にはXBOXにも対応。Build 2014(Publickey)

publickey

 サンフランシスコでマイクロソフトの開発者向けイベント「Build 2014」が開催され、多くの発表が行われました。Windowsの条件付き無償化も話題になりましたが、ユニバーサルWindows Appsの仕組みもなかなかしびれる内容でした。

 これは1つの実行ファイルで、スマートフォン、タブレット、そしてWindows PC(さらにはゲームコンソールのXbox Oneでも)で動くアプリを作れるという仕組み。C#、Visual Basic、HTML/JavaScriptで作れるということで、WebエンジニアでもWindowsアプリを簡単に売ることができそうです。あとは日本でもWindows Phoneが発売してくれさえすれば……

 来週はどんな記事が見つかるでしょうか。お楽しみ!

■今週の次点:Windows8.1に統合されたSkyDriveに間違ってもエロ絵を入れてはいけない