電話機なし! CO2濃度検出器あり! チャットワークは制度もオフィスもユニークすぎた

DSC_0131

チャットワークのここがすごい!

  • 社員満足度2年連続No.1
  • 年4回の10連休、恋人手当、ランチ手当など福利厚生が充実している
  • 電話やコピー機、引き出し……オフィスの「当たり前」をあえてなくしている

チャットのようにリアルタイムでタスク管理や、プロジェクト進行、ファイルの共有などができるビジネスチャットツールのチャットワークさんにお邪魔してきました。

チャットワークさんと言えば、リンクアンドモチベーション社がおこなっている組織のモチベーションチェックをする調査で2009年、2010年の2年連続全国No.1になっている会社さん。そのオフィスはさぞかし凄いんだろうと思ってお邪魔してきましたが、会社に必要であろう「電話」や「引き出し」「コピー機」をあえてなくしたオフィスや、「やること」ではなく「やらないこと」を掲げた社内制度など、普通の会社にはない凄さがそこにはありました。今回はオフィスだけでなく、社内制度を含めてチャットワークさんの働き方もご紹介していきたいと思います。

チャットワークさんのオフィスは上野と浅草の中間辺りにある入谷駅近くのマンションの一室。マンションなんで玄関っぽいのかなと思ったら、重厚感のあるドアでした。ドアは指紋認証で開きます。

DSC_0076

 

指紋認証をしているところ

DSC_0080

 

中に入ると靴を脱ぐ玄関スペースがありました。はじめて友達の家に上がるときのワクワク感みたいなものが感じられていいですね。

スクリーンショット 2014-05-27 03.02.36

 

正面を見るとオフィスとは思えない素敵な空間が!フローリングと木材を使った壁とレンガの壁が絶妙にマッチしています。

DSC_0088

 

奥に進むと「ここはオシャレなカフェか何かですか!?」と思わず言いたくなるようなオシャレな空間がありました。

DSC_0100

 

奥にある椅子と机なんてまさにカフェ。目を閉じると、カプチーノを飲みながら雑誌を広げて余暇を楽しむオシャレ女子の姿が浮かんできます。オシャレ!

DSC_0101

 

壁も時計も雰囲気が出ていてオシャレ。

DSC_0149

 

ゴミ箱も木をモチーフにしててオシャレ!

DSC_0102

 

この空間は社員の共有スペースで、コミュニケーションの活性化を狙ってデザインされたそうです。確かにここで話をすれば、アットホームな雰囲気とカフェのような心地よさでコミュニケーションが捗りそうです。実際に引っ越後の社員さんの反応も良く、コミュニケーションも活発になっているとのこと。

そんな素敵な空間で今回オフィスを案内してくれるマーケティング部マネージャーの堀江裕隆さんにお話を伺いました。

まずはオフィスの特徴について聞いてみたところ、「チャットワークのオフィスの特長は、電話がない、コピー機がない(変わりに家庭用プリンタがある)、引き出しがないことです。」と説明されました。これは、無駄を省き業務に集中できるようにと考えた結果だそうです。

電話がないことについては、「顧客対応をネット窓口のみにすることで、外線/内線電話で仕事が止まらないようにしている」そう。会社の電話は出ると自分の作業が止まってしまうし、出なくても社内に響き渡る電話音が作業の妨げになったりするので、電話がないと集中できる環境になりそうです。

コピー機がないことについては、社内資料は「Google Apps for Business」、企画書や議事録は「mindmeister」というクラウドサービス上で保管・共有し、紙を使わないようにしているため。請求書も紙で印刷しないのでコピー機を用意する必要もなく、家庭用プリンターを置いているものの3ヶ月に1回程度しか使わないんだとか。コピー機って場所もとれば、レンタル費もインク代もかかるので紙を極力使わずクラウドを活用するのは無駄を省くことになってますね。

なるほど、電話がないのも、コピー機がないのもわかりました。でも、引き出しがないのはさすがに効率が悪くなるだけじゃないかと思っていると、「人は1年間に150時間(6日間)も探しものを探すために時間を浪費しているという調査結果があるそうです。30名の会社だと4500時間、つまり187日間も無駄にしているんです。オフィスに引き出しがないのは探しものをしないようにするためです。引き出しがあると、客先からもらった紙の資料などを溜め込んでしまい、それを探すのに無駄な時間がかかってしまいます。クラウドに保管しておけば、必要な時にかんたんに検索できるので、どこにしまったか分からなくなるということもありません」と説明してくれました。これは、目から鱗でした。

オフィスに当たり前にあるものをあえてなくす発想や、1回1回はちょっとした動作かもしれないですがそれを積み重ねていくことで大きな無駄を省いているところはすごいですね。

これだけでも充分にすごいのですが、無駄を省き集中できるようにする努力はほかにもありました。それは「やらないこと」リスト。やらないことを決めることで意思を明確にして、余計なことに悩む時間を省くために作られたもので、リストは14項目あります。

(1) ITを活用できないことはしない
(2) 株式公開しない
(3) 他人資本は入れない
(4) 経営理念を共感いただける会社としか取引しない
(5) 経営理念に沿わないビジネスはしない
(6) 特定の組織に所属しない
(7) スタッフをクビにしない
(8) 売上目標に固執しない
(9) サービス向上に妥協しない
(10) 守りに入らない
(11) 高価格なサービスは提供しない
(12) 会社規模を追求しない
(13) 日本にプラスにならない事業はしない
(14) 日本市場だけにこだわらない

たとえば、(3) の「他人資本は入れない」や、であれば、他社から資本提携を持ちかけられたとしても、そもそも「やらない」ので検討する時間を省けます。また、(4) の「経営理念を共感いただける会社としか取引しない」であれば、経営理念を共感してもらえるかが指標になるし、取引が難しい場合に断る理由にもなります。なんのはなしであれ断ったりするのが苦手なのが日本人ですが、断る理由が明確にあるので理由を作るのに悩まなくてもすむのは無駄な時間を省くことになりそうです。こういった意思決定までも無駄を省く…。チャットワークさん、すごすぎです。

と、こんな感じでひと通り説明してもらったところでオフィススペースを案内してもらいました。 オフィススペースは入り口の右側にあります。

DSC_0087

 

中はこんな感じで開放感あるオフィスです。どの机を見ても電話と引き出しは本当にありませんでした。

DSC_0008

 

右を向くと引越し祝いのお酒が置いてありました。真ん中のお酒はチャットワークさんの山本敏行社長と同じ「山本」というお酒。

DSC_0007

 

ほかにも、タブレットが置いてありました。このタブレットはBGM用のタブレットで社員さんそれぞれの好きな曲が入っているそう。

スクリーンショット 2014-05-27 05.11.43

 

左を向くとこんな感じ。液晶ディスプレイを2面・3面使って仕事をしています。

DSC_0048

 

3面ディスプレイを使ってお仕事をしているエンジニアさんを撮影させてもらいました。3面の環境があるなんて羨ましい!

DSC_0056

 

奥には噂のプリンター。

DSC_0016

 

立って仕事ができるスペースもありました。

DSC_0015

 

真ん中のテーブルにはエスプレッソマシーンと

DSC_0038

 

見知らぬ機械がありました。これは、二酸化炭素濃度を計測する機械で、換気が必要なタイミングになると警告音が鳴るそうです。いろんなオフィスにお邪魔したことはありますがコレははじめて見ました!ちなみに僕が「オフィスすごい!」と興奮気味に鼻息荒く取材をしていたせいか二酸化炭素濃度は「眠気を誘われるレベル」でした。

DSC_0042

DSC_0043

 

さらに奥を見てみるとオフィスが映った液晶ディスプレイがありました。これは、大阪のオフィスを映しているディスプレイでPS3に標準でついているAVチャット(ビデオチャット)機能を使って常時リアルタイムでお互いのオフィスを映しているそうです。遠く離れたオフィスでもお互いの顔が見えて、空気感を感じることができるとのこと。ちなみに、PS3にしているのはパソコンだとオーバースペックな上にずっとつけっぱにしておくと故障の危険があるのと、PS3の方が安価な上にもし壊れてもかんたんに買い直せるため。ここでも無駄を省いてますね。

スクリーンショット 2014-05-27 05.31.10

スクリーンショット 2014-05-27 12.16.40

 

ほかにも、ロボットっぽいパネルがオフィスを見守っていたり

DSC_0031

 

オフィスに遊びにきた人が自社サービスなどを宣伝できるボードがありました

DSC_0041

 

僕も記念に自分の宣伝を。

DSC_0151

 

オフィススペースをひと通り案内してもらったところで、最後に社内制度や働き方について聞いてみました。

チャットワークさんでは…

・年に10連休が4回ある
・働きたい場所を選べる
・実家に帰省する時に14000円補助してもらえる
・配偶者や彼氏彼女の誕生日に14000円の食事代を支援する
・iPhoneが支給される
・2人以上でランチに行けば月4000円までランチ代が支給される

など、ユニークな制度があるそうです。これは社員さんの働きやすさを最優先に考えて随時追加されていったとのこと。働きたい場所は、東京や大阪などのチャットワークオフィスがあるどの地域で働いても良い制度です。どの制度も羨ましすぎます!ちなみに、10連休は飾りではなく必ず年に4回とっているんだとか。素晴らしいですね。

 

いかがでしたでしょうか?無駄を極力省いて集中しやすく仕事が捗る環境を作りながら、働きやすさと休暇やプライベートまでも支援する。オフィスや制度どちらかではなく、あらゆる方面から社員のことを考え大事にしていることが凄く伝わってきました。社員満足度2年連続No.1は伊達じゃありませんでした!僕もエンジニアになることがあったら働いてみたいなぁと思わされる会社さんでした。

チャットワークさん、ありがとうございました!