人事担当が語る、エンジニア採用時の着眼点

photoエンジニアの採用面接のポイントは3つ

エンジニア職が面接に臨む際、面接時のポイントはどこになるのでしょうか。私自身も、エンジニアを採用する面接を多く担当してきましたが、その答えは「技術職ならではの質問にしっかり答えられるか」という点です。この技術職ならではのポイントは、

  1. 採用される職種で使われる技術用語の意味をしっかりと理解しているか。
  2. 採用される職種で使われる技術をすでに経験している場合、その経験値を正しく伝えられるか。
  3. 技術職のみならず、営業職などの面接でも重要視されるはっきりした受け答えの聡明さ、未経験であれば技術を覚えようとする素直さ。単語で表すなら「人柄」。

の3つだと思われます。しかし、相手となる面接担当のタイプによって、エンジニアは上手に話を使い分けなければなりません。逆にうまく使い分けることで面接通過率が飛躍的にUPします。

面接担当のタイプによってコミュニケーションを使い分ける

相手となる面接担当のタイプをここで解説しましょう。

  1. 技術をまったく知らない面接担当(人事のみ担当している人など)。
  2. 用語の意味は理解している面接担当(社内でエンジニアの採用経験が長く技術用語の意味は理解している人事担当者など)
  3. エンジニア自身(当然技術を自身も使っているので応募者の技術レベルが判別できる)

の3タイプに分けられます。どのタイプの面接担当に当たるかを、面接時に、瞬時に判断しなければなりません。

まず、1の技術をまったく知らない面接担当の場合、重要視されるのが人柄です。面接担当に「そんなことも知らないんですか」という態度を、決して取ってはいけません。このタイプの場合、面接担当が見ているのは技術力ではなく、「この会社でやっていけるか」「この部署の人間関係にマッチングするか」という点が最重要視されるので、受け答えの聡明さは必須要件となります。また、簡単な技術用語について質問されることもあるので、いかにかみ砕いて、技術を理解していない人にもわかりやすく説明・解説ができるかという点も大きなポイントです。

次に2の、用語の意味は理解している面接担当です。この場合、人柄に加えて、用語を理解しているかを確かめる質問が必ずなされ、その用語が属する技術について、しっかりと受け答えできるかが最重要ポイントになってきます。用語の意味は面接担当も理解しているので、1のケースのように用語の意味を説明・解説するのではなく、実際にその技術を使ったことがあるか、どのような場面で使ったのかを説明することが必要です。しっかり用語の意味を理解していて、かつ経験を語れるというのがポイントとなってきます。

最後に3の、エンジニア自身が面接担当の場合です。この場合は、人柄はもちろん重要ですが、技術力中心の質問が面接時間の大勢を占める最重要ポイントになってきます。どれだけの知識をもっているのか、それをどのように活用してきたのか、どの部分の技術には自信があるのかなど、今までやって来た技術を深く掘り下げた質問が多くなります。それにうまく答えることができるかが最重要ポイント。自分がやって来た技術をしっかりと相手に伝えることが必要です。ここでよくある失敗が、謙遜してせっかく培ってきた技術力をうまく相手に伝えないこと。ウソはすぐに見破られますが、「○○をやって来た。だから御社の××の技術開発に役に立つ」との論法が、このエンジニア同士の面接では非常に有効な論法となります。また「これから○○の技術はどうなると思うか」といった未来予想図や、「○○の技術を使って応用できることはないか」などの応用質問も出てくることが想定されるので、細心の注意が必要です。

3つのパターンを紹介しましたが、面接担当が2人で、1人は技術面を何も知らない人事担当、1人はエンジニアと言う場合は、この3つのパターンを組み合わせて、応用させること必要になります。うまく用語の意味を説明しながら、将来像を語るといった、難易度の高い質問を受けることも。また、一次面接が人柄重視であっても、二次面接が技術重視であったりします。エンジニアの採用では、ほとんどの場合で、いずれかの段階で、採用する側の現場のエンジニアが面接に参加しますので、面接を受ける側は、気を抜くことのないように、万全の体制が必要です。

いかがでしたでしょうか。エンジニアの面接対応。難しいことを解説しましたが、営業職も、自分が過去どんな商品を売ってきたのかや、営業力を見られているので、それが技術力を見られているに変わったにすぎません。緊張することなく、自分の技術力と人柄を高く売り込むことが、成功の道筋を示すことになるでしょう。