バズコンテンツ連発の「LIG」に聞く、メディアとエンジニアの関係性

140625_ligmain2_580

(プロフィール)
岩上貴洋(いわかみ・たかひろ) 株式会社LIG代表取締役社長 (写真左)
1983年生まれ。学生時代、モバイルマーケティング、ITベンチャー企業数社に参加する。在学中からアーリーステージを対象とした独立系投資会社にて、投資業務、コンサルティング業務に従事。 2007年、株式会社LIG創業。

高遠和也(たかとお・かずや) 株式会社LIG取締役最高技術責任者 (写真右)
1983年生まれ。大学卒業後、Javaプログラマーとしてのキャリアをスタート。 その後C#やCurlでの開発に携わった後、PHP、JavaScriptなどを使ったエンジニアとしての活動を開始。インフラからフロントエンドまで幅広い開発経験を持つ。2007年株式会社アストロデオを創業。LIGと合併後、2012年より現職。

前回、自社のブランディングに大きく寄与しているとも言える、オウンドメディア運用についてのお話を、代表取締役の岩上さんをメインにお話を聞いてみた(インタビュー前編はこちら)。後編では、LIGのCTO(最高技術責任者)高遠和也氏をメインに代表の岩上さんと共にLIGにおけるエンジニアの働き方、LIGが考えるエンジニアの素養などを聞いてみた。

LIGのエンジニアに求められる素養

――貴社のブログはもちろん、他社メディアなどさまざまなメディアをつくる場面が多くなると思いますが、エンジニアに求められる素養などを教えてください。

高遠:素養と言いますか、クライアントからのオーダーがざっくりとしていることが多いです。「なんか面白いサービス」とか「すごいイケてるサービス」とか(笑)。それを企画に落とし込むのがディレクターで、仕様書に落とし込むのがエンジニアなんですけれど。できれば上流工程の段階でディレクターだけではなくデザイナーもエンジニアも参加して良いものをつくっていきたいです。なので、ただ「設計書通りにプログラムを書けます」という人よりは「何かウェブサービスをつくりたい」「自分で何かをつくりたい」という人が集まって欲しいですね。

――エンジニアだろうとディレクターだろうと、何かを上流工程から企画していこうとか、アイデアがあったら提案していこうという人が多いということですか?

高遠:実はLIGは、組織をプロジェクトごとに縦割りにして編成しているんです。なので、エンジニアも上流工程の段階で参加することが多いですね。よって、上流工程から企画していこうというエンジニアは割と多いと思います。コンテンツのコアとなる部分を上流工程で認識・共有したうえで、ディレクターならディレクション、デザイナーならデザイン、エンジニアだったらプログラミングする、という感じでやったほうが良いチームになると思いますし、プロジェクトになるでしょうから。

――いまエンジニアは何人いらっしゃるんですか?

高遠:サーバーサイドが6人、フロントエンドが5人の合計11人になります。前述の通り、今はプロジェクト単位で組んでいますので、基本的には「サーバサイド」「フロントエンド」という分け方はしていません。

岩上:これには理由がありまして、エンジニアのキャリアアップを考える時に、エンジニアリングだけだと次のステップに行けないんですね。優秀なエンジニアって、ディレクター側の言わんとすることをなんとなくわかってくれます。これってすごく重要なことです。スタートアップの初期メンバーのエンジニアのような人ですね。自分で全部やってしまうような。だから、はじめのうちからプロジェクト単位で分けて視野を広めてもらったほうが、エンジニアたちにとってはスキルアップになるのではないかと思います。

高遠さんの特技は「クライアントがやりたいことをすぐに実装できる」こと

――高遠さん自身が今のお仕事をするきっかけとは?

高遠:元々エンジニア系の学校に通っていたというのがあります。東京に出てきてしばらくの間はフリーターをやっていたんですが、就職をしようと思った時に、やっていて楽しかったことを仕事にしようと思って、エンジニアとして現在のLIGの前身となるアストロデオを、副社長の吉原と共に創業しました。

――プロフィールを拝見しますと、「根っからの下っ端気質にも関わらず何故かどんどん上の立場に」とありますが(笑)

岩上:私が説明しますと(笑)、高遠は、私とか吉原が「こういうのをやりたい」と言ったのを実装するのが得意なんです。クライアントがやりたいことをすぐ形にできる。すごいエンジニアって2パターンいると思っていまして、設計がすごく上手で完璧につくる人もいれば、スピード重視ですぐつくっちゃう人もいる。高遠は後者ですね。とりあえず動くものをつくって、拡張性のあるものはその時に考えようと。下っ端気質というか、自発的にものをつくって実装してくれる。そこが高遠の強みですね。「こういう動き」と言っただけで実装してくれるので、私が実際にプロジェクトに入っていた頃は、高遠がいるとすごく楽でした。エンジニアって様々な人がいますよね。中には「仕様書がないと作れません」という人とか。でも、やはり「こういう動きがいい」と言って通じるのが一番です。よって、弊社は何かを突き詰めるより、突き詰めた上でスピード重視で実装できるエンジニアを育てていきたいと思っています。

140625_ligsub_takato_580

仕様書に表せないニュアンスをデザインに落とし込めるエンジニアであれ

――高遠さんが一緒に仕事をしたいエンジニアはどんな人でしょうか?

高遠:そうですね。やはり「明るい人」がいいですね(笑)。エンジニアの仕事って、サービスのリリース前で詰まる事態などが起きたりして、やはり気分が暗くなってしまいがち…。そういう人が同じ社内にいると必然的に全体の雰囲気も暗くなっちゃう。だから、精神的に強い人が良いです。あとは、「作るのが楽しい」という人。ディレクターやデザイナーなどに言われたことに対して文句を言いながらつくる人よりは、「良いものを作っていこう」という人と働きたいです。最低限コードは書けたほうがいいですが、それは後からでも伸ばせます。でも、仕事に対する姿勢ってなかなか変えられませんから。

岩上:この「Tokyo Mild Foundation」というサイトですが、アートディレクターの野田と高遠と一緒に作っています。例えばこのサイトがブワッと遷移する動きとか、「カッコいい」という感覚が合わないと難しいですよね。

高遠:感覚やニュアンスは仕様書に落とせませんので。

岩上:こういうエンジニアではない人が感覚的に伝えたものを汲み取っていく経験を積ませ続けると、ウェブの最適なUIというのがわかってくるんです。例えば会員登録画面のFacebookログインなどは当たり前だし、サイトの記事でも関連記事を表示させないといけないし、決済のページだったらいかにクリック数を減らせるかとか考えるようになります。そういう意味では、弊社はやはりウェブサービスをつくりたいというエンジニアには最適な環境なのかもしれません。

――高遠さんにとって5年後、10年後のビジョンを教えてください。

高遠:今までは自分もつくる側だったんですが、エンジニアの環境を良くしたり、楽しいと思ってくれるようにしたりといったようなレイヤーで経営に携わりたいですね。その最初のステップとして、現在断絶しがちなメディアと制作の間を協力できるような体制づくりをしたいです。まだまだデザイナーはデザイナーで、エンジニアはエンジニアで固まってしまうことが多いので、サイトを構築するときにもっと皆で意見を出し合いながら作っていける形にしていきたい。そういう時が一番楽しいと思えるはずですし。お互いの立場から意見を言い合って、良いものをつくれるような形にしていければと思っています。