今月のエンジニアが見ておくべきスライドシェアまとめ

エンジニアの皆さんは、開発の参考として、まめにスライドシェアを活用されている方が多いです。毎月、面白い/参考になるスライドシェアをご紹介していきたいと思います。最近は、アップル関連製品の開発者会議WWDC(World Wide Developers Conference)や、GitHub Kaigiなど、エンジニアにとっても興味深いイベントのレポートも多く上がっています。今回は、7月初旬までに見つけたホットなスライドに加えて、初回につき過去数年に遡り多くの支持を集めるスライドシェアをいくつかピックアップしてみました。

はてなブログチームの開発フローとGitHub

 

先日開催された GitHub Kaigi のスライドは、Git / GitHub を使用しているエンジニアには詳細な開発フローや、メリット、GitからGitHubへの需要の変化など、かなり参考になるスライドが多く、そのなかでも特にこちらのスライドが面白かったです。GitHub を利用した開発フローの実例としてかなり参考になります。

※GitHubってなに?という方はこちらの記事を参照ください。
そもそもGitHubとは一体何か?」via. Tech Crunch Japan

オブジェクト指向できていますか?

今の時代のエンジニアを語るにはなくてはならない「オブジェクト指向」。手続き型の言語から始めたエンジニアにとっての発想の転換方法など、「どうすればオブジェクト指向的な考え方が身に付くか」といった発想メソッドについて、このスライドからヒントが得られるでしょう。

「スキルなし・実績なし」 32歳窓際エンジニアがシリコンバレーで働くようになるまで

「窓際エンジニアがどうやって成功したか」という内容のスライド。具体的にどういうアクションを起こしたか、わかりやすく書かれていて、内容もとても面白いです。エンジニアとして、伸び悩みを感じている方や将来について不安を抱えている方にとっても、モチベーションの上がるスライドだと思います。

個人開発と徳

ここ最近のスライドシェアのなかでも、Twitterで多く拡散されていたスライド。アプリケーションの個人開発にどう取り組んでいくかという話に加えて、サービス開発全般に言えること(ドッグフーディングKISSなど)についても言及されています。エンジニアとしての正しい心構えとは何かを考えるきっかけになるスライドでしょう。終盤、アダルトグッズの写真がしつこく張ってあるのはご愛嬌(?)。

WWDC2014 report

エンジニア界隈で最もホットな直近の話題・WWDC。その会場レポートのスライドです。金銭的な部分や WWDCの内容、現地の様子がまとまっていて、見ていて面白いスライドだと思います。抽選があって限られた人しか見ることの出来ないイベントのスライドレポートは、やはりありがたいですね。

(永井良太)