青い鳥とハッシュタグがあふれててオシャレ! Twitter本社オフィスを訪ねてみた

米カリフォルニア州のシリコンバレーといえば、GoogleやApple、Facebookといったネット業界の巨人が本拠を構えることで知られるのは皆さんご存じの通り。ただ、ここ10年ほどはシリコンバレーからクルマで1時間半ほど北へのぼったサンフランシスコ市内のほうに若いテック系スタートアップ企業が集まってきている。AirbnbやDropbox、Twitter、Twilio、Uberなどが、そうした企業だ。

twitter008

サンフランシスコの人口は約83万人。東京でいえば世田谷区1つ分ぐらいと、だいぶ小さい。それでも、ナイトクラブやバーが軒を連ねる地域もあったりして、若い人が暮らすには刺激があって良いようだ。移民も多いので地区ごとに特色のある文化やショップがあるのも楽しい。ヒッピー文化の残り香が漂うヘイト・アッシュベリー地区、ほぼ中国語しか通じない店舗が多いけど飲茶がやたらと安くて美味しい「第二中華街」と呼ばれるゴールデン・ゲート・パーク近辺、メキシコ料理の「ブリトー」や「タコス」が格安で食べられるラティーノの多いミッション地区、というように。

サンフランシスコに住んで、朝晩シリコンバレーに通勤する若者や、その逆にシリコンバレーからサンフランシスコに通勤する人も最近は増えているそうだ。

Twitterも、サンフランシスコのど真ん中に居を構える企業の1つだ。

サンフランシスコは 米国西海岸の真ん中より、ちょっと下にあるカリフォルニア州の北部に位置している。Facebookのいいねボタンのように左手の親指を突き立てたとき、その親指に相当する半島部分が、だいたいサンフランシスコ市ということになる。この半島部を「マーケットストリート」というメインストリートが東西に斜めに走っている。Twitter本社は、そのマーケットストリートの南西に位置ところにある。

maps

twitterhq

ナントカ銀行的な看板に、フツーに「twitter」と書いてある

マーケットストリートを歩けば、ほとんど迷うことなくTwitter本社にたどり着ける。全くその存在を知らずに観光で訪れていたとしても、日本でいえば「ナントカ銀行」的な看板に、フツーに「twitter」と書いてあるので、「すわっ、ここがTwitter!?」と分かるぐらいの感じだ。

観光名所のケーブルカーの切り替え所から徒歩で約15分。iPhoneの地図で自明の所在地を確認しながら、てくてくと通り沿いを歩いていくと……、ありました!

伝統ある銀行のような、この薄茶色のビルがTwitter本社の入るビル。このうちTwitterは3フロアを占めていて、ここに約2000人が勤務しているそう。50%エンジニアで、50〜100人がデザイナ。Twitterは会社全体で3000人くらいで、ニューヨークやロンドン、東京にもオフィスがある
twitter001

通りの反対側からTwitter本社をパチリ
twitter003

ちなみにTwitter本社前というかサンフランシスコのメインストリートには、こんなトローリーが走っています
twitter084

近づくと、なんというか割とフツーっぽく看板が。しかし時計のデザインがやたらとイケてます
twitter008

Twitter本社の周囲はこんな感じ。表参道とか銀座のような「メインストリート」に比べると、人通りも少なくのんびりしたところ
twitter010

Twitter本社のあたりからマーケットストリートを東北側に見たところ
twitter086

外見はトラディショナルでも、中はモダン

Twitter本社の入るビルの受付。サンフランシスコだと割と典型的なアメリカの古いビル。リノベートしたのかずいぶん小奇麗。実はTwitter本社のある辺りはメインストリートといってもだいぶ外れのほうで、通りを超えて北へ行くとホームレスが多い危ない地域。そんなこともあってか入館チェックは結構きびしめ
twitter013

エレベーターホールの天井から木が生えていました
twitter081

エレベーターホールの照明もオシャレ
twitter078

受付システムは独自開発!? いや、受付システム開発会社があってロゴを変えただけなのかもしれませんが、手書きでサラサラとサインするだけでオッケーだし、メッセージもいちいちフレンドリーでおもてなし感を感じます。ソフトウェアで食ってる会社だなって感じです
twitter014
twitter015
twitter016

おや、受付付近に小さな犬小屋のようなものが。中をのぞくとMacbook Airがあって、ボタン1つで「Twitter本社へ来たよ!」と写真付きでツイートできる。社内のハッカソン的イベントで社員が作ったものだそうです
twitter017
twitter082

おっ、さすがTwitter! ビッグデータの本がっ! と、思ったら、案内してくれたエンジニアの蓑輪さんは、「いや、単に飾りで置いてるだけだと思いますよw」と笑うわけですが、TwitterのエンジニアリングブログはScalaやビッグデータ方面の人たちには有名ですよね
twitter022

受付から見えたサンフランシスコの市庁舎のてっぺん
twitter018

ドリンク、良く見てください。おーい、お茶とかジャスミン茶とか、日本のものが主流です。な、な、なんでやっ! (シリコンバレーで、おーい、お茶を広めている日本人が某Evernote社にいるという噂です)
twitter019

今回、Twitterのオフィスを案内してくれた、PR担当のクリスティーナさんと、日本人エンジニアの蓑輪太郎さん(通称higepon)
twitter042

オフィスフロアの1つで入り口を過ぎると、いきなり広大なカフェテリアが!
twitter053

カフェテリアにはテラスも。基本的に1年中晴れていて温暖なサンフランシスコだと気持ちいいでしょうね!
twitter026

カフェテリア横のフリースペース。サンフランシスコ市内は地価高騰が激しいそうですが、なのに、なぜこんなにスペースに余裕が……
twitter080

食べ物はフレッシュ!
twitter054

カリフォルニアらしく、だいぶヘルスコンシャスな感じです
twitter056

カフェテリアの分類は全部ハッシュタグで! tenderloinはお肉ですかね。食べ物、飲み物はモチロンただ。若い社員なんかは朝昼晩ともカフェテリアで食べる人もいるそうです
twitter025
twitter058

いま写真を整理していて気付いたんですが、よく見ると、birdfeederとありますね。「小鳥の餌場」ぐらいのイメージでしょうか。ノリが軽いです
twitter028

シルバーウェアにもハッシュタグ。タイポグラフィまで気を配ってる感があるのが新興ネット企業っぽいですが、行儀の悪い小学生のようにスプーンたちがバラバラに立っているのは、日本人の目には「アメリカ人やなー」と見えなくもありません
twitter059

ドリンクのサーバーにも、もちろん小鳥マーク。かわいい
twitter060

マグカップ。これ、売って欲しいですよね!
twitter071

案内してくれた蓑輪太郎さんは、Twitter本社勤務になってから1年8カ月だそうです
twitter063

最近ベイエリアでは「サードウェーブコーヒー」といって、スタバを第1世代とすると第3世代のコーヒーチェーンが出てきているそうですが、Twitterオフィスのコーヒーポッドにもありました。日本未上陸の「Philz Coffee」も入ってますね。Twitterオフィスではなく野球場のそばで飲みましたが、Philz Coffee、だいぶうまかったです
twitter070

キッチンスペースには、多種、多量のナッツとかシリアルがあります
twitter067

こんなにカシューナッツがあったら、食べ過ぎてヤバいんじゃないだろうか……(個人的感想です)
twitter068

ビール、冷えてます。蓑輪さんによれば、アメリカ人は割と金曜日の3時4時になると仕事がスローダウンしてビールなんか飲んじゃったりしがちらしいです
twitter069

オフイスの通路にあるオブジェ。繊細な線で描かれた小鳥たち
twitter066

やはり通路にあった、ナンバープレートで作られた小鳥ロゴマークのオブジェ。これ、結構デカいです
twitter074

じゃん!これがTwitterのオフィスの様子。といっても、これは主流のエンジニアやマーケ・セールス系の部署じゃなかったようです
twitter031

会議室の名前は全部小鳥関係。curlewというのは、多分小鳥か何かです(ググレカスという声が聞こえてくるのでググりました→シャクシギという鳥)
twitter032

カフェテリアの隣にゲームセンターが。木曜日のお昼前ですが、ふつーにピンボールとかコンソールゲームやってますね
twitter072
twitter075
twitter076

オフィスの見取り図。何もかも小鳥マークです
twitter077

社内では割と頻繁に研修的なことをやってるようです。平日朝7時からなんですね。でも、Twitter社内の「Android Essential」(必修Android)とか聞いてみたいですね
twitter079

30分のオフィスツアーもあっという間に終了
twitter073

夜に通りかかると看板が一層おしゃれな感じでした。でも、蓑輪さんが言うように5時半で仕事を終わる人ばかりでないのか、それなりにオフィスに灯りが煌々と灯っていました。
atnight

さて、Twitterオフィス訪問記は以上ですが、案内してくれたTwitter本社勤務のエンジニアの蓑輪太郎さんへのインタビュー記事は以下のリンクからどうぞ。某SIer、はてな、サイボウズ・ラボなどを経て、西海岸のイケてるスタートアップでエンジニアとして働くというのは、どういう感じなのか。生の声をお届けまします!

渡米1年8カ月、Twitter本社で働く日本人エンジニア 蓑輪太郎さんの描くキャリア計画