「Antenna」を作っているグライダーアソシエイツのオフィスがオシャレすぎて「ここで働きたくなる感」がヤバい!

DSC01878

グライダーアソシエイツオフィスのここがすごい!

  • 社員に「働いていて気持ちいいです!」と言わせるオシャレなオフィス
  • コミュニケーションが生まれやすい机の配置と距離感
  • 毎月40誌の雑誌を購読! ラジオが流れ、テレビもつけっぱなしなので流行に自然とついていける仕事環境

ビジュアルで楽しむキュレーションマガジン「Antenna(アンテナ)」を作っているグライダーアソシエイツさんのオフィスにお邪魔してきました。

「Antenna」と言えば、タレントのローラさんがCMキャラクターをつとめているニュースアプリ。グルメや旅行、インテリアやファッションなどの情報が網羅されているので、特に女性ユーザーから人気を得ています。

今回、「女性に人気のアプリを作っている会社のオフィスはオシャレに違いない!」と、胸を高鳴らせてお邪魔させてもらったのですが…外観、扇型のオフィスや会議室、壁一面に備え付けられた本棚はもちろん、隅に置いてあるインテリアまで、オシャレなだけでなく働きやすい環境を意識した細やかな気配りが随所に感じられました。

それでは早速、オフィスをご紹介していきます。グライダーアソシエイツさんのオフィスは、青山一丁目駅と乃木坂駅のちょうど間くらいにあるアンフィニ赤坂の1階と地下1階。1階にビルの入口があるので、ドアを開けて入ってみると…

DSC01682

目の前に広がってきた景色がこれです! どこかのイケてるファッションブランドのお店でも入っているのかなと思いながら、よくよく見てみると右奥になんか見たことがあるロゴマークが…。

DSC01887

まさか、こんなオシャレな外観がオフィスなわけないだろうと思いながら先に進むと、グライダーアソシエイツとかかれたマット。なんというか、外観もだけど、扉のオフィスじゃない感が凄いですね。

DSC01675

なかに入れてもらうと、ドトーンと「Antenna」ロゴがお出迎えしてくれました!

DSC01692

なにやら本が置いてあったので覗いてみると、ローラさんが表紙の雑誌がありました!

DSC01690

これは、Antennaのスタイルブックだそうで、Antennaと幻冬舎が編集をして市販されているとのこと。

DSC01693

オフィスはこの扇形の廊下の先にあります。

DSC01694

インテリアで置いてあるのか、誰かが通勤に使っているものかは分かりませんがオシャレな自転車が飾ってありました。

DSC01697

廊下の先には、壁一面を贅沢に使った本棚が!!! 図書館顔負けの圧倒的な存在感で君臨してました。本棚の中に本が入っていないのは、まだ1階のオフィスが完成して間もないからなんだそうです。

DSC01699

DSC01700
DSC01703

本棚に本こそ入っていませんでしたが、ソファスペースでは社員の方が打ち合わせや雑談をされていました。

DSC01745

なにやらAntennaの今後の展開について話をしていたような気がしたので、「ソファで休憩している感じを装い盗み聞きしてみよう!」と思ってチャレンジをしてみたのですが、さすがに無理でした…。

DSC01734

DSC01733

こちらが1階のオフィススペース。フリーアドレス制になっていて、好きな場所に座って良いそうです。特長的なのは、テレビがずっと流れていること。常に最新のニュースや流行をキャッチアップするために流しっぱなしにしているんだそうです。

DSC01709 DSC01705

こんな感じで、コンセントの数もたくさん用意されています。

DSC01708

こんなものも置いてありました。「青い池キャラメル」。これは、ローラさんが出演しているCMのロケ地である、北海道・美瑛町のお土産だそう。

DSC01715

こちらが実際にオンエアーされたCM。ローラさんと青い池が織りなす神秘さに、『ゲスの極み乙女。』の歌がマッチしてて印象的なCMですよね。

こちらは会議室。扇形の会議室でなんだかパルテノン神殿みたいな雰囲気を醸し出していました。来客の方とはこちらで打ち合わせをするそうです。

DSC01718

ホワイトボードも完備されていたので、

DSC01720

名前を書いてみました。

DSC01721

1階は以上です。次に、地下1階をご案内いただきました。

DSC01750

扉を開けると長いソファや

DSC01757

テレビとオシャレな自転車、

DSC01756

Antennaのロゴが灯るライト、

DSC01758

グライダーアソシエイツと描かれた照明などがお出迎えしてくれます。オフィス感はまったくなく、ただただオシャレです!

DSC01754

ほかにも、営業の方が外出するときに身だしなみを整えるための鏡もありました。配慮が行き渡ってますね。

DSC01853

奥に入ると、地下1階にも本棚がありました! こちらには、たくさんのファッション雑誌やカルチャー誌などが並べられていました。

DSC01764 DSC01763 DSC01762

どんな雑誌があるのかを物色していたら、CMの音楽を担当している『ゲスの極み乙女。』のサインがありました! コポゥ\(^o^)/

DSC01767

奥にはソファが置いてありました。ここのソファにゆったり座り込んで、コーヒーを飲みながら雑誌を読みふけれたら最高ですよね。いいなぁ。

DSC01768

隣をみると、カプセル型の会議室がありました。なんかここだけ未来チックな感じがして素敵です。

DSC01769

地下1階のオフィススペースがコチラ。この机、ある記号の形をしているんですが、分かりますでしょうか?

DSC01773

答えは、グライダーアソシエイツの『G』です! こういったこだわりってなんか憧れますよね。

DSC01775

せっかくなので、「『G』の中心で仕事をしてみたい」と思い、社員さんの中に混ぜてもらいました。

DSC01797

我ながらうまく馴染めてますね。

DSC01799

このドヤ顔は、「今日はオシャレなオフィスって聞いてたから、唯一持ってるオシャレシャツ『ヴィヴィアン・ウエストウッド』を着てきてよかった!」という気持ちの現れです!

DSC01801

こんな感じでドヤ顔で仕事をしていたら、隣に座っている女性から「『G』の中心ってそこじゃないと思いますよ」と優しく教えもらったので、さりげなく撮り直し。

DSC01808 DSC01811

ちなみに、こちらの机にも大量のコンセント差込口が。コードが埋め込まれているのでスッキリして机が広々と使えているのが印象でした。

DSC01813

HDMIも埋め込まれてました。こちらにケーブルをさすと、テレビに画面が映し出されるそうです。

DSC01816

こちらは、ティッシュ箱ケース。ティッシュ箱ケースも机の柄に合わせてあってほんとに細かいとこまでオシャレです。

DSC01821

こんな感じでたくさん小物をとっていると、社員さんが「Antenna」のショップで販売しているグッズを持ってきてくれました。こちらは、オシャレなボールペン。

DSC01823

これはなんだ? と思っていたら、

DSC01824

スマートフォンを置くものだそうです。なるほど、僕にはハイセンスすぎる。。。

DSC01825

そしてこれが、CMでローラさんが着用していたサングラスと同じもの。

DSC01828

普段からメガネを愛用している僕としては、このサングラスをかけない理由がないのでかけさせてもらいました。

DSC01839

地下1階のオフィス紹介は以上です。

最後にAntennaについてもうお話を伺いました。

オフィスのレイアウトは誰が担当したのかを聞いてみると、

「代表取締役社長の杉本のセンスで構成されています。杉本自身がインテリアが好きということもあり、ベンチャーならではの『みんなが働きたくなるオフィス』をコンセプトに作りました」と説明してくれました。

社員の皆さんはこのオフィスについてどう思っているのかを伺うと、

「とても満足しています。働いていて気持ちいいです。それに、これだけオフィスがオシャレだと、創造的な仕事ができそうな気がしてくるし、妄想が膨らんでくるので企画を考えるにもいい環境です。それに、会議室は多くはないですが、隣との距離感がよく、仕切りもないのでコミュニケーションしやすいのも良いです」との回答。

採用面でのオフィスの効果については、

「オフィスがカッコイイことは、採用にもつながっています。優秀な方が多く来ていただけるようになったし、採用応募者の質が変わりました」とのこと。センスの良い方、考えが近い方の応募が増えているそうです。

また、せっかくの機会なので「Antenna」についても伺いました。ローラさんの起用して女性層の狙いにいった意図については、

「プロモーションを女性に振り切った理由は、そもそもニュースアプリの市場は8割くらいが男性の市場。男性は自然にアプリを使ってくれることが多いですが、女性はアクションをしないと入ってこないので、広告で女性層を広げようと思いました。ローラさんのCM効果もあって、男女比率は半々くらいになりました」と話します。

女性にフォーカスすることで、男性が離れていくのでは? という疑問をぶつけると、

「男性は女性誌、例えば『anan』の特集や、グルメなど女性向けのコンテンツを手に取りますが、女性は男性向けのコンテンツは手に取りません。実際に、『Antenna』内では、女性向けの記事を男性が読んでいるケースは多いです。なので、女性向けの記事を増やしていても、男性が離れていくことはありません」と説明してくださいました。

最後に今後の展開について聞いてみると、「地方のユーザーがまだとれていないので、地方のプロモーションを強化してきたいと思っています。タウン誌などと連携し、地方ならではのコンテンツを配信していきたいです」とお答えいただきました。

グライダーアソシエイツのオフィス、いかがでしたでしょうか?

本当にここはオフィスなんだろうか? と何度も思ってしまうくらい、インテリアがオシャレで洗練されたオフィスでした。あの空間で働いているだけでセンスが磨かれそうな気すらしてくる勢いです。社員さんのモチベーションもオフィスが底上げしているようでしたし、1つの理想型ですね。

グライダーアソシエイツさん、ありがとうございました!

(砂流恵介)