クリエイターのために考えつくされたコロプラのオフィスが、帰りたくなくなるほど居心地が良かった!前編

2014-10-21 16.38.11

コロプラオフィスのここがすごい!

  • すべてはクリエイターがクリエイティブを発揮できるように。取締役副社長の千葉功太郎さん自らこだわり抜いたレイアウト
  • 朝はフルーツビュッフェ、昼にはサラダビュッフェを提供。さらにはマッサージまで完備。福利厚生と健康増進を兼ねた社内制度
  • 「コロプラ」のロゴが大量に配置された設計とロゴパネルの完備

2014年9月に引っ越しされたばかりのコロプラさんのオフィスにお邪魔してきました。

コロプラさんと言えば、「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」や「白猫プロジェクト」などの大人気ゲームを作っているスマートフォンゲームの会社さん。「白猫プロジェクト」は、コンシューマー機さながらのアクションがスマホで楽しめることで、今注目を集めているゲームです(僕はキャラクターをLV100にするくらいやり込みました)。TVCMでもよく見かけますよね。

そんなコロプラさんのオフィス…。
恵比寿ガーデンプレイスの1.5フロアを借りていたのを、3フロアまで拡張されたと事前に伺っていたので、凄いってのは予想していたんです。予想していたんですが、凄さの質が違いました。華美でイケイケな凄さではなく、「クリエイターのことを考えて、考え抜かれた」凄さがそこにはありました。

奇しくも、最近某オフィスブログにも紹介されておりましたが、単なる偶然で、作為などはございません。それだけ多くの人が見に行きたくなるオフィスだ、ということですね。

今回はオフィスのコンセプトを考えられた、取締役副社長の千葉功太郎さん(以下、千葉さん)にオフィスを案内していただきました。前編では、写真中心にオフィスの様子をたんまりと、後編では、千葉さんのインタビューを中心に紹介します。

コロプラさんのオフィスは恵比寿ガーデンプレイスの9F〜11F。
写真のように、ちょっと大人な雰囲気のする複合施設の中にオフィスがあります。

DSC02417

エレベーターを降りてすぐ目に飛び込んできたのは、コロプラさんのトレードマークの「クマ」!
こんな感じで、すべてのエレベーターの扉にクマがいました。

DSC02044

DSC02045

よく見ると、一匹だけ寝てるクマがいました。エレベーターホールで既にこの遊び心。オフィスの中が楽しみですね!

DSC02102

エレベーターホールを進むと綺麗なお姉さんがお迎えをしてくれます。受付の方って写真はNGなところが多いのですが、コロプラさんでは休憩中の方まで呼んでくれて写真を撮らしてくれました。素敵ですね!

DSC02398

受付を進むと視界に収まりきらないほどの大画面が!

ここは待合場所になっており、目の前の巨大画面では、クマが現れたり、社員さんの顔が映し出されたり、水族館になったり、ゲームのPVが流れたりしていました。いや、それにしてもすごい迫力です。

DSC02408

映像の迫力に圧倒されていると、今回オフィスをご案内してくださる千葉さんが迎えに来てくれました。

簡単な自己紹介をした後に、さっそく画面について教えてもらいました。この巨大画面は、1つ1つが4K表示に対応した液晶モニターを21面並べて構成しているんだそうです。4Kモニターが21個って。どうりで、社員さんの顔が表示された画面をまじまじ見ていたら、毛穴まで確認できたわけだ…。

DSC02130

千葉さんがまず案内してくれたのは、コロプラさんの中で1番大きな会議室。
どれくらい大きいかというと、このくらい!
奥に人が座っているの分かりますでしょうか?

DSC02160

どこか重厚感が漂っているのは、元々このフロアには金融企業が入っていたそうで、この会議室はその雰囲気を活かしているからなんだとか。

金融企業に重厚な会議室と言えば、大ヒットドラマ「半沢直樹」の名場面を思い浮かべる方も多いと思います。千葉さんに頼み込む形で「土下座を再現するしかない!」と思ったのですが、この後のオフィスツアーに多大な影響を及ぼしそうだったので止む無く断念しました。

DSC02169

ちなみに、ここに飾ってある絵は社内のデザイナーさんが描いたもの。コロプラさんのすべての会議室には、会議室の名前にちなんだ絵を社内デザイナーさんがデザインをして飾っているそうです。この会議室の名前は「広大な大地」。この絵は「いつまでも謙虚さを忘れない」という意味を込めて描かれたものだと説明してくれました。

DSC02162

次に案内してもらったのはセミナールーム。

DSC02175

なかを覗いてみると50人位が入れる部屋が3部屋ありました。セミナールームは通常は3部屋構造になっていますが、仕切りを取り除くと最大280人が入る規模の会場になるそうです。

DSC02186 セミナールームでなにより驚いたのは、このロゴパネル!

広報やPRを経験したことある人なら思わず唸る光景だと思います。いろんなオフィスにお邪魔させてもらいましたが、ロゴパネルを常設しているオフィスはコロプラさんしか見たことがありません! ぜひとも真似したい素敵なアイデアですね。

DSC02183

せっかくなので、発表会でよくあるお決まりの握手をやらせてもらいました。
それにしても、ロゴパネル映えるなぁ。

DSC02181

ほかにも、セミナールームはいろんな場所にロゴが散りばめられていて、写真を撮るとロゴが映りこむように計算されていました。

DSC02176

DSC02184

ここまでは、11Fオフィスの中の来客用スペース。

社内スペースに行く前に案内してもらったのが、「Kuma SPA」とかかれたマッサージルーム。

DSC02187

マッサージチェアが置いてあるのかとおもいきや、プロのマッサージ師さんによるマッサージがうけられるスペースだそうです。しかも無料! 福利厚生の一環として前のオフィスから導入している制度とのこと。

DSC02188

なかはこんな感じです。取ってつけたような空間ではなく、普通のマッサージ屋さんと変わらないクオリティでした。

DSC02189

見た目はいい雰囲気でも、マッサージが気持いいかは別の話。確認するには、実際に体験するのが1番ということでマッサージをしてもらいました。いや、肩が凝ってるとか、最近疲れてるとか、そういうことじゃなくて、あくまで体験レポですよ?

DSC02190

「うわぁ〜、このマッサージほんとハンパなく気持ちいい〜」

DSC02201

こんなに気持ちいいマッサージを無料でしてもらえるなんて、コロプラさんの社員さん羨ましすぎます!

と、次に案内してもらったのはキッチンルーム。
ここは、社員さんが自分たちでご飯を作れるようにと設けられたスペース。だそうですが、正直、写真を見てもらえば普通のキッチンじゃないのが伝わると思うのでまずは写真をご覧ください。

DSC02081

DSC02083

DSC02099

なんということでしょう。オフィスの中に、厨房がありました!
僕は、大学生の時に中華料理のチェーン店で中華鍋を振っていたことがあるのですが、そこの厨房と遜色ないレベルの設備でした!

冷蔵庫も完全に業務用の大きさです。

DSC02090

調理台の下には、調理器具やダスターを入れるスペースが。あの、これ、完全に飲食店のやつですよね?

DSC02091思わず唸ったのがこれ!

中華とか油を頻繁に使う料理って、換気扇とか天井周りに油がたまりやすいんです。これは、その油の受け皿になるもの。これが元から置いてあるとか、ほんと、どんだけ本格的なんだ…!

DSC02101

来客スペースやセミナールーム、マッサージにキッチンと、働くスペースのなさそうな11Fフロアですが、オフィススペースも用意されています。

ということで、オフィスフロアをご紹介します!
オフィスフロアに入ると、目の前には現れたのは大きなロゴとクマ。どこか南国な感じがするなと思って、

DSC02202 左を見てみると、南国のリゾート地のような雰囲気がただよい、

DSC02204 DSC02205右を見てみると、なぜかビーチがありました!
そして目の前に広がるのは、大量のボールが敷き詰められた海!
子供の頃に、遊園地などではしゃぎ回ったボールの海がこんなところに!

DSC02206

このボールの海には、なんと6,800個のボールが敷き詰められているそうです!

ふと気になったのは、「オフィススペースの中に、なぜこんなスペースがあるのか?」。
その疑問を、千葉さんにぶつけてみました。

2014-10-21 16.37.44

千葉さんは、「ここは、『コロプラパーク』というオフィスの中にある憩いのスペース」だと教えてくれました。コロプラさんのオフィスでは、各階にリフレッシュができるスペースを設けているそうです。加えて、このスペースでは朝にはフルーツが、昼には有機野菜のサラダやお惣菜がビュッフェ形式で食べられるとのこと。憩いの場と栄養バランスのとれた食べ物を提供して、リフレッシュと社員同士のコミュニケーションの活性化をはかっているんですね。

IMG_2022

オフィススペースは、こんな感じ。
作業用の机以外に、立ってMTGができるスペースも用意されています。ちなみに、上に書いてある「1116」などの数字は11階の16番地というアドレスをあらわすものだそうです。この机はホワイトボードにもなっていて、書き込みもできます。

 

DSC02269

ほかにも、掘りごたつのMTGスペースもありました。

DSC02270

11Fは以上です。

続いては、10階を覗いてみたいと思います。
10階は、オフィスフロア。なかに入ると、ここにも憩いのスペースがありました。

DSC02276この棚は新卒の方がDIYで作ったそうです。

DSC02279

10Fにも大きなコロプラロゴがありました。

DSC02291

なかを散策していると、大きなクマちゃんが!
隣には、カップルシートのようなものが設置されています。

DSC02292

記念に、広報の斉藤さんと座ってみました。
普通のイスやベンチと違って、揺れが伝わる分ドキドキしました。

DSC02299

僕らがキャッキャウフフしている真後ろでは、真面目な打ち合わせが。なんかすいません…。

a

10Fの注目は、こちらの3面ガラス張りのエリア!
壁には青龍刀のようなものから銃まで、さまざま武器が用意されており、キャラクターのポージングの参考にしたりするそうです。

DSC02313

千葉さんに武器を構えてもらいました!

DSC02311

DSC02307

ちなみに、壁にはクマやロゴの設計図も描かれていました。

DSC02312 DSC02317

10Fは以上です。
続いては、最後のフロア9Fを紹介してもらいます。10Fと9Fは、内階段で繋がっているのでそちらを使わせてもらいました。

DSC02295

9Fに降りると、もちろんここにもコロプラパークが!
こちらは、Coloplのロゴが散りばめられた広場。

DSC02322

こちらは、20人は座れそうな大きなソファ。
写真だと分かりにくいのですが、いろいろなゲーム機が置いてありゲームで遊ぶことも可能です。

DSC02330

色分けされたMTGルームもあります。

DSC02323 DSC02325

赤の部屋が特に印象的でした。

2014-10-21 17.04.16

よっ!!
DSC02352

ほかにもダーツや、

2014-10-21 17.01.42

図書館もあります。

DSC02354

こちらは、モグラと名付けられた会議室。
社内会議などが行われているそうです。

DSC02359

そして、9F最大の見所がコチラ!

広大な未使用スペース!

DSC02366

「え!?なんでこんなに未使用スペースがあるの?」という疑問については、後編の千葉さんインタビューをご覧ください。
オフィスの紹介は以上となります!

各フロアごとに、リラックスできるスペースが用意されていたり、マッサージルームが完備されていたり、朝はフルーツビュッフェ、昼にはサラダビュッフェを用意するなど、社員さんの働きやすさが考えられているオフィスでした。ゴージャスさではなく、ワクワクする要素が満載なのがまたいいですよね。

後編では、オフィスのコンセプトなどについて千葉さんにインタビューした内容を掲載します。

合わせてご覧ください

いやぁ、それにしても「この場所から帰りたくない! いやむしろ住みたい!」と思わされるオフィスでした。
コロプラさん、ありがとうございました!

(砂流恵介)