【1周年企画】編集長の夏目和樹が語るリクルートがHRナビをやる理由

はじめまして、リクルートの夏目和樹です。普段はなつめぐと呼ばれて、いま皆さんが見ているHRナビの編集長をしています。

HRナビが始まって1年になりました。これまでなぜリクルートがHRナビというメディアをやっているのか、ちゃんと外向けに説明したことがないので、今回HRナビについて初めてお話したいと思います。

「リクルートってネットっぽくないんだよね」

数年前のある日、某テック系メディアの方と話していて、ポロッとこんなことを言われたんです。

「リクルートが自分たちで作って、みんなが喜んでシェアしているコンテンツや記事がない。新聞やCMはあるけど、タイムラインにリクルートって流れてこないよ」

これは結構ショックでした。

11653312_789034921195341_224734624_n

リクルートという会社はエンジニアもたくさんいるし、面白いサービスも出しています。自分たちではネットっぽいと思っていたのに、なんで社外からはそんなイメージを持ってもらえてなかったのでしょう。

そもそも「ネットっぽい」ってなんだろうか。どうすればリクルートがつくっているものを面白いと思ってもらえるんだろうか。ぼくも自身もネットが大好きなんですが、同じようにネットが好きな人たちは何が知りたいんだろう。何を求めているんだろう。何に悩んでいるんだろう。

面白いものを発信すればみんなハッピーになる

いろいろな人に聞いてみても答えはわかりませんでした。でも面白いものを欲していることはなんとなくわかりました。面白いというのは奇をてらったものだけではなく、良質なインタビューや自分が知らないWebの情報などです。

「じゃあネットっぽい面白い情報を発信すれば、ネット好きな人がみんなハッピーになるかも」

そう思ってメディアをつくることにしました。

オウンドメディアをつくる理由はさまざまな記事で言いつくされてます。でも実際にやる意味があるかないかなんてわかりません。正直ちゃんと効果を検証したら、かかってるコストと見合うのか。それは誰もわからないと思います。運用は大変ですし、実際利益にどれだけ結びついているのかわかりません。

たまたまPVが上がったメディアが、結果論で「意味がある」とか言ってもよくわからないです。でも「よくわかんないけど面白そう」という感覚も大切にしていきたい。意味わかんないところから生まれる価値もあるはず。ロジックだけでWebで面白いことができれば誰でもやっているはずです。

メディアの立ち上げを提案

ということで、意味わかんないけど意味ありそうだからやってみよう。そんなふうに考えて上司とこんなやり取りをしました。

夏目:リクルートをネットっぽくしたいのでメディアつくります。

上司:やってどうなるの? やり方は?

夏目:やったらみんながハッピーになります。ひとりで取材して記事かいて小さく進めます

上司:何があったらすごい言われる?1記事で1000シェアとかいける?

夏目:お金、あとぼくに企画から好きにやらせてくれたら、いけます

上司:じゃあ好きにやって成果だして

ざっくりしてますが、ほぼこんな流れでした。本当にリクルートはすごい会社だと思います。起業家精神を持った個人に、若いうちから大きな仕事の機会が与えられて、より速く成長できる。

こうして作ったHRナビのコンセプトは「これからの働き方を考える」です。でも正直言うと、このコンセプトはけっこう適当です。

デイリーポータルの林さんが、「デイリーポータルにコンセプトはない。毎回違うことを言ってる」って、どこかの講演で言っていたので、個別の記事がちゃんと面白ければ、コンセプトとかなんでもいいんじゃないでしょうか。こんなこと言うと怒られますが。

ぼくがネット好きですし、一緒に作ってくださっている人たちも同様なので、つくってる側が面白いと思えるものを発信して、共感してくれる人に届けばいいと思います。

いろいろな働き方を考えるきっかけになればいい思ってますが、それが全部ではないので方向性はよくわかりません。でも質の高い記事を出していきたい気持ちだけは強くもっています。またリクルートがやっているメディアなので、たまにはリクルートの情報もだしていきたいです。

面白くないリクルートの情報は掲載しない

ちなみに、HRナビというタイトルは適当です。社内から、人事がメディアをやる意義を問われて言われて返せなかったので、とっさに「これは人事ブログです」って言って、HRナビという名前になりました。これは人事ブログという位置づけです。でも採用とはまったく関係ありません。やると決めた時に方向性はこんな感じを考えました。

・リクルートのメディアだけど、面白くないリクルートの情報は掲載しない
・リクルートのポジティブなことだけではなく、正直な内容を掲載する
・見た人が本当に面白いと思ってもらえる情報を掲載していきたい

ローンチしてすぐに、一緒につくってくれた上司にイエローカードをスポーツ用品店で購入して3枚渡しました。「HRナビは基本放置してください。本当にやばそうな場合、イエローカードだしてください。3枚たまったらやり方を変えます」

許可より謝罪ってリクルートOBのけんすうさんも言ってましたし。幸いイエローカードは1枚も出ていないので、懐の広い会社だと思います。リクルートOBで、KAIZEN Platformのすどけんさんのこの記事で女性関係の内容がでた時は、上司の手がイエローカードに伸びかけてましたけどね。

まとめ

これがHRナビです。

これらも引き続き「いまネットで面白いもの」を考えて、探しながら、がんばって発信していきたいと思います。これからもHRナビをよろしくお願いします。

 

—————–
リクルートホールディングス
HRナビ 編集長
夏目和樹(なつめぐ)

ちなみに最近だとこんなこともやっているので、興味ある方はぜひエントリーしてみてください。

30歳以下なら誰でも応募可能
「新卒採用を、もっと自由に」
http://recruit-jinji.jp/aboutrecruit2016

ログミーさんで記事になりました。
http://logmi.jp/68388

11657366_789034687862031_1684774237_n