戦略的キャリア人生のススメ〜アラサーで一度退職したら、自分が本当にやりたいことが見えてきた

一昔前に比べると転職のハードルが下がりつつある昨今。くわえてフリーランス、副業、リモートワークなど「働き方の選択肢」が増え始めています。新卒採用・終身雇用が一般的だった時代と比べ、個人の実力・強みが求められるようになってきているといえるでしょう。

どうすれば、いつの時代でも求められる人材になれるのか。独自のキャリアを積んでいる方々に、時代を生き延びていくための「戦略」をうかがいます。

京都を活動の拠点にしながら、東京へ月に一度ほど行き、企画やマーケティングのフリーランスをしている小嶌(こじま)久美子です。

東京大学工学部、東京大学大学院工学系研究科を卒業し、株式会社インテリジェンスで人材紹介の営業、その後に外資系リサーチマーケティング会社勤務、株式会社リクルートマーケティングパートナーズの事業戦略や営業兼広告企画を経て、2015年1月末で会社を辞め、いまに至ります。

はじめての就職から2回の転職まで、すべては大学院卒業時の戦略に基づいたもの。戦略に沿ってキャリアを積んだ結果、当初の狙いどおり独立して仕事ができるようになりました。

その戦略を、「スキルを得るパート」と「選択肢を広げるパート」の2回に分けてお話します。会社の仕事を通してスキルを育ててきた前編を踏まえて、今回は、会社に所属しながらキャリアの可能性を広げていく後編です。

就活前の大学生や就活に失敗したと思っている大学生、もしくは入社する会社を間違えた、転職を考えている……など何かしらキャリアの悩みを持っている社会人の方の参考になれば幸いです。

戦略5:社内外のつながりを広げていく

「営業力とマーケティングスキルを身につけたい」と考え、就職してから2年。1社目のインテリジェンスで営業経験を積み、英語での業務経験もつくり、第二新卒枠で無事に外資系リサーチマーケティング会社に転職しました。

入社後は毎日怒涛の忙しさ。しかし1年ほどすると午後6時くらいで退社できる日が出てきます。「どう過ごそうかな」と思っていたころ、SNSで気になるイベントや交流会の情報を目にするように。

将来独立をしようと思っていたし、新しいアイディアや考え方には目がない私。合コンや飲み会に参加しながらも、まずは起業のピッチ(新規サービスやアイディアを短時間でプレゼンする)イベントを聴きに行くようになりました。

当時よく足を運んでいたのが、Impact HUB Tokyoで定期的に開催されていたピッチイベントや、ベンチャーが主催していた小規模なパネルディスカッションです。ほかにもアイディアソンやベンチャー・起業関連のイベントは、時間さえあれば朝でも夜でも参加していました。今でもsproutペチャクチャナイトHiil’s breakfastは都合が合えば参加しています。

イベントは多くの発表が見れる絶好の機会。聞き手の惹きつけ方、聞き手が聴きたいことを端的に表すこと、想像しやすくするためのイメージや写真の使い方、話の構成。良い例も悪い例も含め発表の仕方を意識するようになりました。

イベントでの発表内容をきっかけに、登壇者や他の聞き手と掘り下げた仕事の話をする機会もありました。このときぜひ会社の名刺も使っていきましょう。社名や肩書きがあることで話のきっかけにもなりますし、初対面の相手にも自分の担当領域を理解してもらいやすくなります。

戦略6:自分の仕事を言語化しておく

本業と平行して「二枚目の名刺」というNPOへの参加を決めたときは、自己紹介をする機会がぐっと増えました。

「二枚目の名刺」とは、自分の専門性や強みを生かし、非営利団体の運営をサポートするというコンセプトのNPO法人です。社会人がプチコンサルチームをつくり、自分のスキルをもって社外活動で貢献し、社内にも他の視点を持ち帰ってくる、というシステムが、当時とても有機的に感じられました。それに将来の起業や独立をイメージしていた私は「他団体のサポートを行うことによって、事業立ち上げや改善を体感できるのではないか」と期待していました。

チームでの最初の活動は「自分に何ができて、何ができないか」を他のチームメンバーに説明するところから始まります。業種や職種がバラバラのメンバーたちとうまく役割分担をするには、自分ができることを整理して伝える必要があったのです。

当時の私は、自分のスキルをうまく他のメンバーに伝えられませんでした。そのままチームでの自分の役割も明確にできず、結局、コンサルティング会社勤務のメンバーに頼る形でプロジェクトが進んでいってしまいました。穴があったら入りたい、痛恨の経験でした。

そこで転職活動のときのように、改めて自分のできることを整理することにしました。

自分のできることを整理して言語化する6つのプロセス

自分のできることを整理するために、まず自分の職務経歴書を書いてみることをおすすめします。

  1. 所属していた会社とどの部署にいたかをまず時系列で書く
  2. その部署の会社内での役割、部署内でどこのポジションにいたかを書く
  3. そのポジションでしていた仕事を箇条書きで書き出す(出社している時間に、どういう作業をしているかを思い浮かべるとスムーズです)
  4. 所属部署外の業務や、会社外の活動があれば付け加える
  5. 箇条書きした業務のうち、自分が意識して工夫している点があれば小さなことでも書き留めておく
  6. 3〜5で挙げた内容を自分の得意な順位に並べて、自己紹介のときは順位が高い方から人に話す。人に話してみてあまり刺さらないようだったら、言い方を変えたり、アピールする順位を入れ替えたりしていく

社内の仕事を社外の言葉にうまく翻訳できれば、自分の経歴や強みを理解してもらえる。そうしたら会社名がなくても、個人として何ができるかできないかが伝わりやすいので、安心して仕事を任せてもらえるようになります。

自己紹介に慣れてきたら相手の反応に注目しましょう。相手の反応を見てはじめて、説明の巧拙や自分の仕事の裁量の大きさが客観的に測れます。社外活動をしながら自分の未熟なところ、意外とできるところを発見するという実践型の手法もお勧めします。

代理館長をしているコワーキングスペース「町屋スタジオ」でのイベントの様子。定期的に、いろんな人のプロジェクトや事業内容をプレゼンするイベントなどを開催しています。普段自分では思いつかないようなことを見聞きでき、刺激になります

戦略7:憧れの企業を記念受験してみる

業務スキルを磨く、社内外のつながりを広げる、スキルを言語化をする、というステップを踏めば誰でも独立できます。ですが独立するタイミングは人それぞれ。「まだ会社員でいたいけど、他のステージ(会社)で挑戦したい」という時には、記念受験をおすすめします。

キャリア採用はタイミングが肝心。たとえ憧れの企業でも、求めるスキルに合えば採用チャンスは十分にあります。新卒採用より内定へのハードルはぐっと低いはずです。

機が熟したら、憧れを憧れのままにしておかずに採用試験を受けてみる。そして全力で内定を取る方向に頑張る。「自分なんかが受かるはずがない」と卑屈になってはいけません。内定を貰う前に悩むよりも、内定を貰った後に悩んだ方が現実的です。ましてや憧れの会社の理想のポジション。自分から挑戦しないと勝ち得ないでしょう。もし不合格でも「なぜ採用されなかったのか」と自分を振り返るいいきっかけになります。

私にとっての記念受験は、2回目の転職活動。論文提出など手間がかかる選考試験もあり「受かるかどうかわからないし辞退しようか」と思ったこともありました。しかし「内定してから悩め」というアドバイスを受け、広告会社とIT企業の採用試験に挑戦。結果どちらも内定を貰い、新卒試験時には落ちていたリクルート・マーケティング・パートナーズの事業戦略ポジションでの入社が決まりました。

「あきらめたらそこで試合終了」ですね。

戦略8:アラサーで一回退職してみる

ここはコジマ的提案。アラサーで一度退職してみましょう。

定年退職して、はじめて好きなことに打ち込むなんて悲しいしナンセンス。まだ気力も体力もある30歳あたりで一度会社を離れ、仕事や社会人としての経験値や知見を持った上で思いっきり好きなことをしてみる。そうすれば、次の仕事でしたいことやすべきことがわかるし、新卒のときとは違った価値観で次の会社や仕事を選ぶことができます。

しかし無計画でいきなり退職するのは危険です。アラサーで一回退職するためには、

  • 社会に戻ってくるためのキャリア構築(スキル・人とのつながりの双方で)
  • ある程度自由にできるように、1年以上暮らしていける貯金

この2つを満たしておくことを推奨します。

私自身、リクルートに入社してから待遇や仕事内容、人間関係に大きな不満はありませんでした。でも「もっと違うことをしたいんじゃないか」という違和感はぬぐえなかった。そこで31歳で会社を退職して、それまで貯めた貯金の一部、虎の子の400万円を使い切ることにしました。名付けて”400万円プロジェクト”。

プロジェクト期間中は本当に自分のやりたいこと・やれることを見つけるために、自分の心のままに動く。貯金が底をついたときは会社員になるか、自分の事業を絞るなど、着実に稼ぐ方法に切り替えると決めました。それ以来、挑戦したことは……

  • 「爆買い」で話題になった、中国各地に住んでいる友達を10日間訪ねに行く→上海、広州、深圳、香港それぞれの都市の特徴があっておもしろかった。次行くときは、何かお仕事の話を持っていきたい!
  • 桜舞う季節の京都で、ゲストハウスやアートホステルを泊まり比べしながら1ヶ月滞在する→東京とは時間の流れが違うと実感。新しく友人もでき、京都に住みたいと思った!
  • 他に400万円を使いたいことがないか自分に問いかける→調べ尽くした結果ネット廃人になり、求人募集サイトをいつのまにか見ていた。。現在は「おもしろそう・手伝いたい」と思った仕事や会社を3つほど掛け持ちするフリーランスになりました。
  • 友人とロサンゼルス・ニューヨーク旅行に10日間行く→思いつきでニューヨークのコワーキングスペースを巡ったら、多様さに魅せられる。後にニューヨークのコワーキングスペースについて記事を書かせてもらえることに。
  • 京都に移住する→国内で東京・横浜圏内を出るのは初めて。新しい場所へ行き、出会いが増えるほど、どんどん自分の世界も拡がっていく感覚が得られ、学ぶこともたくさんある。インターネットや交通手段が発達している現代だったら、移住するって思うほど難しいことではない。

実際やってみて400万円の「消費」ではなく、自分がどういう生き方をしてもいいかを計る投資のように感じています。お金を自由に使ってみよう!と思っても、長期旅行、高級エステ、豪華ディナーを味わう……などの贅沢がしたいワケではないことに気づけました。お金よりも時間の方が有限。今後もどうやって、自分の時間や労働力を使おうかと模索中です。

アラサーの退職を経ると、自分で納得できる仕事づくりができるはず。私もまだまだ道半ばですが、昇進するだけではないキャリア構築の一案として、参考になれば幸いです。