今日から使えるSNS効率化ツール〜投稿予約・数値測定・自動フォロワー獲得

今やSNSアカウントは1人で複数持つのが当たり前。

企業もSNSを利用したコンテンツマーケティングを駆使し、自社サービスのマインドシェアやエンゲージメントを高めるため日々試行錯誤しています。そんな ”SNS戦国時代” を生き延びるためには、いかに効率的にSNSアカウントを活用し、影響力ある投稿を生み出せるかがカギとなるでしょう。

今回はSNS運用者、インフルエンサーを目指す方向けに、「SNS運用ツール」を7つご紹介します。

Twitter:SocialOomph(※英語)

情報量や活動量が膨大なTwitter。素早く機を捉えたアクティビティが大切です。「SocialOomph(ソーシャルウームフ)」では複数のアカウントを管理はもちろん、予約ツイート、気になるキーワードを含むTweetだけをダイジェストでメール配信、よくツイートする内容やURLをひな形として保存しておくなどの機能があります。

これで毎日のルーティンワークにかける時間をぐっと短縮しましょう。有料版ではさらに、質の高いフォローリスト作りを助けてくれる機能や、Facebookなど他SNSの管理機能も付いてきます。前者を上手く活用すれば、自分の名前や気になるキーワードをツイートした人だけのリストを作ることも可能です。

SocialOomph

Twitter:TweetDeck

「TweetDeck」はTwitter公式クライアント。複数アカウントをまとめて表示することが出来ます。Webから閲覧するTwitterのようにアカウントを切り替える際、いちいちログインやログアウトをしなくてもいいため、アカウントを複数所持している人には非常に便利なツールといえるでしょう。「TweetDeck」はコラム(柱)表示が基本で、「Home」「Notifications」「Messages」などを一目で確認出来るインターフェースとなっています。また、各コラムの右上にあるアイコンから欲しい情報だけを絞り込むことも可能です。

このツールの真骨頂は、それぞれのアカウントに届いた@ツイートやDMを一目で確認し返信できるというように、アカウントを横断した使い方にあります。コラムは全部で15種類あり、そのカスタマイズ性の高さも人気の理由のひとつです。

TweetDeck

「TweetDeck」と「SocialOomph」は、予約ツイートなど両方で使える機能もあります。それぞれの特徴を掴んで、目的に合わせて使い分けてみてください。

Facebook:Like Alyzer

「LikeAlyzer」は、ノルウェーのMeltwater社が開発したFacebook分析ツールです。サイトの検索ボックスに調べたいFacebookファンページのアドレスを入力すれば、独自のアルゴリズムを使ってそのページが効果的に運用されているか評価してくれます。
点数と改善のためのアドバイス(「投稿の頻度を増やしましょう。」など)がもらえるため、初めてSNSを運用する場合でも次に何をすべきかが明確になるのが大きなメリットです。評価はPTAT(People Talking About This)やエンゲージメント率(PTAT ÷ いいね!数)などの指標によって定量的に行われます。日本語版あり、登録不要で手軽に活用できる運用ツールです。

Like Alyzer

Instagram:INK361(※英語)

コンテンツマーケティングの一環としてInstagramを活用する以上、投稿に対するユーザーの反応やシェアの状況は逐一チェックする必要があります。この「INK361」を活用すれば、Webブラウザ上で投稿に対するコメント数、フォロワーの数などのデータを数値とグラフで確認出来ます。

分析結果を表示する「Insights」ページは、色鮮やかなインフォグラフィックによって各種データがパッと理解できる秀逸なサイトデザイン。月ごとのいいね!・コメント数グラフ表示以外にも、どのフィルターを使うと反応が良いかなど、Instagram特有の分析項目も用意されています。また、InstagramのWebビューワーとして活用することも可能です。

INK361

Instagram:#Likes

より多くのユーザーに発信するためには、フォロワーの獲得は避けては通れません。とはいえ一度にフォローをし過ぎてもアカウント凍結の恐れがあります。この「#Likes(ハッシュライクス)」は、今注目の人工知能ロボットが自動でフォロワーを獲得してくれる有料ツールです。ハッシュタグを設定すると、そのタグを元にロボットが自動でいいね!やフォローを行います。これにより訪問数が増え、フォロワーを増やせるという仕組みです。「#Likes」を活用すれば、面倒な作業は人工知能に任せて写真やコメントのクオリティを高めることに集中出来ます。有料ツールですが、5日間の無料期間も用意されています。

#Likes

Instagram:Later(※英語)

「Later」は、Instagramの自動投稿予約ツールです。利用するためには、Webブラウザ経由でユーザー登録した後スマートフォンでアプリをダウンロードします。スマホからInstagramと連携すれば利用可能。投稿したい写真をまとめてアップロードし、カレンダーにドラッグ&ドロップするだけの直感的な操作なので非常に簡単です。また、投稿予約した時間になるとスマホに通知が届きます。Instagramにはギャラリーで写真を複数枚組み合わせて1つの画像として見せるテクニックがありますが、「Later」を活用すれば順序を間違えずに一度に複数枚投稿することが可能。英語版のみですが、60万以上のトップブランドが使用している信頼性の高いツールです。無料プランもあるので、ひとつのアカウントだけを運用している場合には特に重宝します。

Later

SNS全般:Hootsuite(※一部英語)

利用者の多いTwitter、FacebookからLinkedIn、YouTubeまで7種類(2017年3月現在)のSNSを一括管理出来るのが「Hootsuite」。公式HPに「Hootsuiteを利用すれば1日で40分、週で4.7時間、1年で10日を節約することが出来ます」とある通り、上手く活用すればSNS運用効率化の強力な味方となるでしょう。特に、企業の公式アカウント運用において有益です。機能としては複数のSNSのモニタリング、同時投稿や予約投稿に加え、簡易レポート作成の出来る分析機能も付いています。

企業の公式アカウントの場合、一個人の投稿によって会社の評価に傷がつくことも考えられるため、各投稿には細心の注意を払わなくてはいけません。各アカウントを分散管理するとリスクは増えますが、コンプライアンスの面から見ても、SNSを一括管理することへの重要性は日増しに高まっているのではないでしょうか。

Hootsuite

まとめ

SNS運用ツールはまだ日本語完全対応のものが少なくそれだけにハードルも高いのですが、今活用出来れば他社との大きな差別化要因になる可能性も秘めています。SNSを活用したブランディングやコンテンツマーケティング、ソーシャルリクルーティングなどを積極的に進めていきたい企業担当者の方は、是非こうした新しいツールに注目してみてはいかがでしょうか。