カフェやコンビニ、保育園、マッサージルーム……新宿駅直結のLINE新オフィスは、社員想いすぎるオフィスだった

LINEオフィスのここがすごい!

  • JR新宿駅直結の「新宿ミライナタワー」地上15階~23階までの9フロアがまるまるLINE。社員約1600名が働く巨大なオフィス
  • 社内に保育園やマッサージルーム、サポートデスクを完備。使い勝手のよさだけではなく、社員への優しさを追求したオフィス
  • 立ったままでも仕事ができる昇降式デスクが一人一人に! さらに、ラウンジやカフェで仕事もできる働きやすい環境

2017年4月1日より、渋谷から新宿に本社を移転したLINEさんにお邪魔しました。当オフィス訪問連載の中でも、最大級の広さを誇るLINEさんの新オフィス。さっそく見ていきたいと思います。

LINEさんが入っているのは、JR新宿駅の新南口に直結している「新宿ミライナタワー」。ミライナタワーというと、「バスタ新宿」や「NEWoMan」もあるところ。このビルの15階〜23階のフロアがLINEさんのオフィスになります。

 

こちらが受付です。広さに驚きながら周りを見渡してみると……

2mくらいの高さがありそうな巨大なLINEロゴが飾ってあったり、

235インチの巨大スクリーンが存在感を放ったりしていました。

この2つだけでも相当なパンチ力なんですが、受付でさらに圧倒的な存在感を放っていたのが、LINEでお馴染みのキャラクター「ブラウン」です。見たまんまですが、デカさが半端ない! 明らかにエレベーターに乗らないサイズだけど、どうやってここまで運んできたんだろう……。

ほかにも受付ではコニーがお出迎えしてくれたり、

ジェイムスがさりげなく窓辺に座っていたりと、遊び心溢れる演出も。

受付の奥は、会議室エリアになっています。

こちらの写真は会議室エリアにあった、世界地図と主要都市の時刻を示す時計。左奥にある「CLOSING THE DISTANCE」という言葉は、LINEのミッション。日本語訳すると、「世界中の人と人、人と情報やサービスとの距離を縮める」といった感じ。この壁を見るだけでも、LINEさんが常に世界へ目を向けているのがわかりますね。

 

会議室はこのように、番号で管理されていました。会議室に名前をつけるのが流行っている中、番号なのは潔いですね。

中はこんな感じです。来客用会議室の数は全部で22部屋。どの部屋も椅子や床の色などに、細かな違いがありました。

印象的だったのが、海外オフィスとのミーティング用に用意されている会議室。この配置の理由は、お互い複数人でビデオミーティングしているときでも、対面で会話しているように感じてもらうためなんだそう。ちょっとした工夫かもしれませんが、会議の質が高まりそうですよね。

素敵だなぁと思ったのが、会議室に案内されるまでの間にLINEのキャラクターたちや、

キャラクターが描かれたポスターなどが飾られていたこと。世界観がしっかりしているなぁ。

会議室エリアは以上です。

 

続いて案内してもらったのは、同じ23階フロアにあるカフェスペース。こちらは、社員さんがランチや休憩で使うほか、来客との打ち合わせ利用も大丈夫という、かなり自由なスペース。写真でも伝わると思いますが、めちゃくちゃ広いです。

あまりにも広いので、360度カメラで撮ってみました。

カフェスペースでは、ランチタイムにお弁当やスープ、サラダバーなどの販売をしています。

お弁当は、崎陽軒のシウマイ弁当や塚田農場の炭火焼弁当など、多種多様なラインナップが一律500円で販売されていました。

スープストックが提供するスープは300円です。

サラダバーにいたっては、指定のカップに好きなだけ野菜を入れて、なんと100円でした!

コーヒーは1杯100円。どれもほんとに羨ましい……。

カフェ内には、LINEのグッズを販売している「LINE FRIENDS STORE」も。こちらで販売されている商品は、通常価格の10%オフで買えるそうです。

ツバメノートとのコラボノートは、取材じゃなきゃ思わず買ってた。ちなみに、カフェで販売しているすべての商品(飲食含む)は、LINE Payで決済できるそうです。

ほかにも、カフェスペースには畳の上でゆっくりできるエリアや、

コンセント完備の、一人作業が捗りそうなカウンターテーなど色んなスペースがありました。

なかでも、社員さんに人気がありそうだったのが「ゲームラウンジ」と呼ばれるスペース。ビリヤードやダーツといった大人なゲームから、

Nintendo Switchといった今話題のゲーム機まで取り揃えてありました。

ここで1-2-Switchを遊んだら盛り上がるんだろうなぁ。

ちなみに、ゲームラウンジには体育座りしているブラウンの姿が。

ゲームラウンジの隣には、備品の貸し出しや修理など、社員の困りごとをサポートする「LINE CARE」と呼ばれるサポートデスクもありました。ホテルのコンシェルジュサービスみたいなものがオフィス内に常設してあるのは凄いですね。

凄いといえば、カフェスペース内にはマッサージルームもありました。こちらでは、マッサージ師による施術を1回500円で受けられるそうです。

さらに、マッサージチェアが置いてある部屋もあり、扉を閉めれば完全個室になります。リラックス感半端ないんだろうなぁ。

カフェスペースは以上です。

 

続いては、社員さんが働く執務スペース案内をしてもらいます。執務スペースはこんな感じ。注目してもらいたいのが、デスクです。

この机は昇降式になっていて、自分の好きな高さに変えられます。写真の奥のほうに、立って仕事をしている社員さんがいますが、立つのも座るのも好きなタイミングで自由自在。この机が1600名分くらい用意されていると思うと、ほんと凄い。

 

続いて紹介されたのは、「ワークラウンジ」と「コミュニケーションラウンジ」と呼ばれるスペース。どちらも各階の執務フロアに必ず設置されているスペースで、自席以外にこちらで自由に働けるそうです。また、必ずどちらかのラウンジを通らないと自席に行けないように設計されているそうで、ラウンジで偶然顔を合わせた社員さん同士がコミュニケーションを深めることで、業務の生産性向上を狙っているんだとか。

こちらのワークラウンジには「STUDY ROOM」と呼ばれる防音対策された個室もありました。集中したいときやビデオ会議に良さそうですね。

こちらは、「コミュニケーションラウンジ」。

最新のLINE NEWSが発信される「プレスウォール」や、

ファミレスのような席がありました。

執務フロアは以上です。

 

最後に案内してもらったのは、15階の「コンビニ&オーディトリアム」フロア。LINEさんのオフィス内には、カフェだけではなくコンビニも常設されていました。奥には、セミナーやイベントに使えるオーディトリアムがあるそうですが、僕が訪問したときは残念ながら覗けずでした。ちなみに、最大300人規模のイベントを開催できるそうです。

15階にはこのほかにも、「みどりの保育園」という名前の保育園もありました。

中はこんな感じ。0歳〜2歳のまでの乳幼児を預けられるそうで、業務中でもLINEを使って保育士さんと連絡が取れるそうです。LINEさんでは、保育園以外にもベビーシッター補助制度もあるそうで、なんというかお子さんがいる社員さんにめちゃくちゃ手厚い感じでした。

15階には、「LINE MIRAINA STUDIO」というスタジオもありました。

中に入るとお馴染みのキャラクターがお出迎えしてくれます。なんで、誰も視線を合わせてくれないんだろう(笑)。

LINE MIRAINA STUDIOには、動画の撮影や生配信ができるスタジオ以外にも、

写真がバシバシ撮れるスチールスタジオや、

音声を録ったり、編集ができるスタジオがありました。

もちろん、控え室もありますよ。

オフィスの紹介は以上です。

 

LINEさんのオフィスいかがでしたでしょうか?

当オフィス訪問連載の中でも最大級のオフィスは、執務フロアの各階にラウンジを備えていたり、一人一人に昇降式デスクが用意されていたりと、働く上での使い勝手の良さはもちろん、保育園やマッサージルーム、コンビニにカフェ等々、社員さんへの福利厚生の手厚さも感じる空間でした。立地の良さも含め、「こんなオフィスで働きたい」のある意味ひとつの完成形じゃないでしょうか。

LINEさん、ありがとうございました!