インフルエンサーは出入り自由! リデルは撮影スポットだらけのフォトジェニックすぎる空間だった

 

リデルオフィスはここがすごい!

  • どこを切り取ってもオシャレ! インフルエンサーがどこで撮ってもキレイに撮影できるオフィス
  • 契約しているインフルエンサーは出入り自由! 仕事場所としても使用可能
  • インフルエンサーの教育にも力を入れている

 

インフルエンサーマッチングプラットフォーム「SPIRIT」の運営など、インフルエンサーマーケティングを展開しているLIDDELL (リデル)さんにお邪魔してきました。

2017年12月に移転したばかりのリデルさんのオフィスは、どこを切り取ってもインスタ映えしそうなスポットだらけで、撮影することが入念に考えられているオフィスでした。さっそく見ていきたいと思います。

 

リデルさんが入っているのは、銀座線の外苑前駅から歩いて10分ほどのハニービル青山3Fと4F。こちらは3Fのエントランスです。開放感のあるオシャレなカフェのような空間が広がっていました。

 

エントランスの奥はこんな感じ。こちらのスペースは社員さんはもちろん、インフルエンサーの方が仕事で使ったり、撮影に使用したりしてもいいそうです。

 

. @gelateriamarghera のジェラートサンド、#ビスコッティ 💓 . 左が#マンゴージェラート で右が#ブルーチーズジェラート (ᵒ̤̑ ₀̑ ᵒ̤̑)wow!*✰ . 美味しすぎた!! マンゴー風味、とかじゃなくてマンゴー!って感じの味!まさに素材の味!! ミラノの老舗で行列ができる人気ジェラート店らしい✨ . みんなで美味しい美味しい言いながら食べました💓 . 他の味も食べたくて、この前寒い中マルゲラのジェラート食べながらご飯食べに行った。笑笑 . #ジェラート #ジェラテリアマルゲラ #マルゲラ #ミラノ #ミラノジェラート #アイス #ビスコッティ #アイスサンド #ジェラートサンド #マンゴーアイス #ブルーチーズアイス #yummy #gelato #gelateriamarghera

倉園 ゆな ★ Yuna Kurazonoさん(@yuna_kurazono)がシェアした投稿 –

実際に、インフルエンサーの方が投稿したのがコチラ。ちなみに2枚目のジェラートの写真は、下記の扉の前で撮影されたもの。

 

切り取り方がうまいですよね。

エントランス周りだけでも、カフェっぽい雰囲気の空間やピンクの壁、レトロな小物などなど、オシャレに撮影できそうなスポットがこれでもかと散りばめられていて驚きでした。

 

ちなみに、こちらは受付に飾られていた言葉。

  • INFLUENCER FIRST:インフルエンサーを第一に
  • KNOCKOUT:何もかもが圧倒的
  • ENJOY:相手も自分も楽しむ
  • THANKS:感謝する
  • EFFECT:原因と結果、その効果を考える
  • REALITY:現実的で本質的か
  • UP TO ME:自分次第
  • ?:全てに疑問を

リデルさんのミッションステートメントで、アルファベットの頭文字をとって「IKETERU?(イケてる)」と呼んでいるそうです。

 

. 会社のデスクを可愛くするために小物をコツコツ揃え中🌹 (これ撮影する前はお菓子のゴミで散らかりまくりだったのは内緒) でもオシャレでしょ🤤笑 . 物撮りを撮影する時用のシートや布を自宅に何パターンか持ってる って以前InstaやBlogで紹介したんどけど、 お手軽に物撮りシートが買えるという情報を GETしたのでシェアハピします⭐ 物撮りをする際の背景紙に使えるシートが32枚入っている 『Flatlay Sheet』が全国の書店にて販売されました📚 今回レナちゃんにお声を掛けてもらってミクも実際に使ってみたよ!! 下に敷いてる大理石のシートもFlatlay Sheetのもの:D みんなも是非ゲットして可愛い写真を撮ってみてね🦄 . #flatlaysheet #物撮り #置き画くら部 #置き画 #JTBパブリッシング #PR #物撮りシート

Miku Miyata《宮田 美紅》さん(@miiikku104)がシェアした投稿 –

こちらも、インフルエンサーの方がうまく背景に活用した投稿をしていました。

 

さらにエントランスには、かなりゴージャス感あるミーティングルームも。

 

壁には『不思議の国のアリス』のモデルになったといわれているアリス・リデルをモチーフにした絵が飾られていました。リデルさんの社名はアリス・リデルから取ったそうで、ほかの会議室にも『不思議の国のアリス』にちなんだキャラクターの絵が飾られていました。

3Fは以上です。

 

続いて案内してもらったのは、ミーティングルームや撮影スペース、多目的スペースがある4Fです。

 

こちらはイベントスペース。最大100人ほどのセミナーが開催できるほか、インフルエンサーの方々を招いたパーティーなども開いているそうです。

 

こちらは、パーティーの様子。用意されているお菓子もインスタ映えしそう! さすがですね。

 

4Fは、イベントスペース以外すべてミーティングができるスペースになっていたのですが、注目してもらいたいのが床や壁、照明です。スペースごと、さらには壁の一面一面もまったく異なるデザインが施されていて、いろんな雰囲気での撮影に対応できるように、内装が工夫されていました。

 

こちらも、そんなミーティングスペースの壁を活かした投稿ですが、オフィスで撮ったとは思えないですよね。

 

ザ・インスタ映えな場所を見つけたので、僕も記念撮影をしてみました。

 

「ヤー!」

ちなみに、インフルエンサーの方はこんな感じで撮るみたいです。

 

ほかにも、撮影用の照明や姿見が3面で用意されていたりと、インフルエンサーが撮影するための細かな配慮が詰まっていました。

4Fは以上です。

 

コンセプトはFusion Base(融合拠点)

最後に、Business Strategy DIV. Managerの関根さんにオフィスについてお話を聞きました。

――オフィスのコンセプトを教えていただけますか。

オフィスのコンセプトは、「Fusion Base(融合拠点)」です。我々のオフィスは、インフルエンサーの方に撮影で使ってもらえる場として開放しており、自由に出入りができます。また、今後はフリーランスの方向けに契約制でのスペースの開放も考えています。そんな個々人の価値観が融合し、化学反応が起きる場を目指して作りました。

――壁紙の色がそれぞれ異なったり、小物までたくさん用意されていたりと、本当にいろんな場所が撮影に使えるので驚きました。ちなみに、移転されて3カ月ほどの使い心地はいかがですか?

我々が一番大事にしているのが「インフルエンサーファースト」です。何をするにもインフルエンサーを一番に考えよう、という思いがあります。なので、そんなみなさんがオフィスに通い、楽しく撮影してくださっているのが一番の成果。何より移転してよかったなと思うところです。

もちろん、前のオフィスに比べて僕たちとしても使いやすくなっていますし、エンジニアからは「エンジニアにはない感性の声が聞こえてきたり、いろいろな出会いや交流があったりしていい」と言った声も挙がっています。

――なるほど。本当にインフルエンサーファーストなんですね。

そうですね。リデルはインフルエンサーを育てることにも力を入れています。たとえば、ステルスマーケティングってみんなダメだということはわかっているんですが、どうしてダメなのかは知らなかったりします。なぜダメかという倫理的な指導から、インスタグラムで世界観を統一するためのテクニックといった部分まで、幅広く教えています。

 

まとめ

リデルさんのオフィス、いかがでしたでしょうか?

「インフルエンサーファースト」という言葉通り、本当に細部までインフルエンサーのことを考えてつくられたオフィスだったのが印象的でした。

リデルさん、ありがとうございました!